バナー

FXは注文通りの値段で取引が成立するとは限らない

投資の初心者がFXを始める際には1ドル100円の時に売買をすれば1ドルにつき100円で売買する事が出来るのが当たり前であると考えるかもしれないですが、FXの場合はそれが当たり前という訳では無いので注意しなくてはならないです。

1ドル100円で注文したはずなのに1ドル100円05銭で注文が確定されるといった結果になる事もあるのです。

為替レートを見てその時のレートで取引を行おうとする注文方法を成行注文と言いますが、この方法の場合は今説明したような事が起きる可能性があるのです。どうしてなのかというと、FXは相場をチェックしていると分かるように取引が活発に行われているので常に相場は変動しています。



そのために、チェックした際の相場の値と実際の取引を行う際の相場の値が違っているという可能性もあるのです。

特に相場の値動きが激しい状態で成行注文を行った場合にはこのような現象が起きる可能性が高くなります。この注文の際のレートと実際の取引のレートに違いが出る場合をスリップページと言います。
スリップページは出来るだけ発生しないのが望ましいですが、スリップページの発生を抑えたいのであれば成行注文は避けて指値注文を行うようにすべきです。

指値注文というのは、例えば、1ドル100円時に買い注文を出してドルを購入したとし、そうすると円安の時にドルを売却したくて102円になったら売却したいと考えたとします。



その102円になった時に売却するように注文するのが指値注文です。

FXの情報を手に入れてみませんか?

この方法なら売買のタイミングのレートを指定するのでスリップページを防ぐ事が出来るのです。